WordPressサイトをSSL化して、httpをhttpsに切り換えた時の備忘録です。

1.設定の一般でサイトアドレスの変更。

httpsへ

問題なくSSL化が出来たら、sを足して編集するだけです。

2.Search Regexなどで記事中のurlの書き換え。

WordPressのサーバー移転とドメイン移転を参照。本文内で、自分のサイトのページに手動でリンクをしている場合や、画像のリンクをhttpで行っている場合がありますので、すべてhttpsに変えます。

自分で書いたリンクなどは、http://a21v.com/で検索し、https://a21v.com/に変更します。こうしないと、https化していない外部へのリンクも変わってしまいます。

テンプレート上のタイトルロゴなどの呼び出しの設定もhttpsに見直します。

3..htaccessファイルの追加変更。

# BEGIN htmls
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>
# END htmls

.htaccessファイルには、Wordpressの同じRewriteEngine Onコマンドや、キャッシュプラグインのRewriteEngine Onコマンドが書かれている場合がありますが、どこかに平行して書いて置けばよろしいです。
順番に処理されますので、httpsに変更は、根幹に係わりますので、最初の方が良いのですので、Wordpressの記述の前に書いています。

これで、httpに来ても、問題なく、httpsのページに飛ばされますし、 [R=301,L]で永遠にこちらに移転だと検索エンジンにも分かります。

httpでアクセスして問題なく飛ばされているかを確認します。

4.アクセス解析など、

アクセス解析のhttpで始まっているタグを、すべ取り外し、問題ないアクセス解析に交換します。

通常の場合は、アクセス解析もSSLに設置する必要があります。