デルのInspiron1720をWindows10の64ビットにしました。結論として、可能です。

Inspiron 1720は、17インチディスプレイを持っている巨艦のノートパソコンです。買換はやはりもったいないですし、現在でも実用上、十分な性能を持っています。

特に私のものは、SSDを換装しています。HDDを二台乗せることが出来ますので、大容量HDDとSDDを導入しています。HDD等を増設換装するマウントは、オークションで手に入れました。駄目になっていたバッテリーはアマゾンで互換品を買い、交換しています。

しかし、DELLのInspiron1720は、元々Windowsビスタです。このままでは、2017年にサポートが終了します。
そして、Windows10は、Windows7とWindows8.0、8.1からのみアップグレードが出来ます。

まず、ビスタを7、もしくは、8にする必要があります。
そこで、デルのサイトで見てみると、Windows7には対応していないと書いてありました。しかし、ネット上を見ていると、7に入れ替えている方が多く、保証はなくなるが、可能であることが分かります。

そこで、格安に売っているWindows7に、まず入れ替えることにしました。もちろん、10で64にしたいため、64ビットです。
Windows10にもし不具合があった場合は、7で使うつもりでしたので、いっそのことと思い、クリーンインストールにしました。ディスプレイドライバーなどは、後で入れるつもりでそのまま、インストールです。普通、汎用ドライバーで動きます。

結論として、不明なデバイスが3つできました。そのうちのディスプレイドライバーは、Windowsの更新をする過程で勝手に設定されました。
他の2つのデバイスも、始めから付いてきたドライバーのインストールを起動して設定しました。闇雲にセットアップを起動しても問題があればインストールできませんので、気にしないで行いました。
古いドライバーでもWindows10を入れる段階で更新されますし、他になければ使われるだけですからね。それに少々おかしくなっても、10のインストールの過程で正常化されると期待していました。

さて、Windows7が正常に動いていることを確認して、Windows10のアップグレードの予約をして、通知が来るのを待ちました。

すぐに更新できる旨の通知がありましたので、アップグレードをしました。

あっけないほど、簡単にWindows10になりました。ATOKがアプリで正常に動きませんでしたが、ジャストシステムのサイトに7から、アップグレードした場合はインストールし直すようにと書いてありましたので、そうしましたら、普通に動きます。
無線LANが接続したり、しなかったりしましたが、Windowsのトラブルシューティングの案内に従い、操作し、無線LANアダプタが初期化され、正常になりました。

後は、マウス使用時も、タッチパッドをオフできないということがありますが、方法を模索中ですし、方法を教えて下さい。もちろん、大して支障はありませんので、このまま使います。

これでサポートも続き、後10年は続きます。おまけとして、ビスタの時より、軽快に動くようになりました。

Inspiron1720ドライバー